世代間交流

港区立芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ > 世代間交流

当館は、高齢者・保護者・子どもたちが世代を越えて 共に過ごせることを願って作られた複合施設で、 1・2階に「芝浦アイランドこども園」、 3・4階に「芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ(愛称:あいぷら)」が 併設されています。 日ごろからさまざまな世代が共に過ごす中で、 一過性ではない交流が育まれています。

児童と高齢者が共に楽しむことの出来るプログラムを定期的に行っています。館内ではいつでもどこでも出会いがあり、昔遊びや卓球などの日常交流も積極的に行われています。

年間行事

新年交流会

獅子舞や南京玉簾など、日本の伝統芸能に触れたり、ベーゴマ、けん玉、福笑い、書初めなどのお正月遊びを児童・高齢者合同で楽しんでいます。

あいぷらまつり

館内、プラタナス公園全体を使用し、館利用者、町会、自治会、民生委員の皆さんと大規模なお祭りを行っています。

あきる野親子・高齢者合同外出

あきる野みなと区民の森で川遊びや山歩きなどを楽しみながら、森について学びます。

お台場地引網体験

台場の海に住む生き物の生態を調べ、身近な海の環境について学びます。

打ち水WEEK

ヒートアイランド現象の緩和と、日本文化の継承として施設周辺に打ち水を行います。汗をかいた後は、みんなでかき氷を楽しみます。

そば打ち体験

地域そば店に協力をいただき、小学生親子・高齢者合同でそば打ち体験を行っています。昨年はそばの種を植え収穫し、石臼で粉を引く作業を体験しました。打ちたてのそばは格別でした。

年末大掃除

一年の締めくくりには、児童から高齢者まで、皆で各部屋や施設周辺を大掃除します。終了後は、あったか~い年越しそばを楽しみます。

定例交流活動

① お誕生会

② こものづくりボランティア

③ アンサンブル★ワン(合唱チーム)

④ みんなdeピンポン(卓球交流)

⑤ 手芸カフェ

園児と高齢者の交流

幼児にとって高齢者との交流は、 親や先生とは違った発見や面白さのある、楽しいものです。 芝浦アイランドこども園では、年間を通じて「あいぷら」の高齢者と さまざまな活動を行うことによって、 「人との関わり方がわかり、思いやりが持てる心」を育んでいます。

夕涼み会

こども園の夕涼み会で、「あいぷら」の 「踊りの会」の方々に盆踊りを教えていただき、 一緒に踊ったり、園児の作ったお面や保育者の考えたゲームを共に楽しんでいただきます。

昔あそび

高齢者の方々にこども園に来ていただき、こま回し、かるたとり、折り紙、あやとり等、家庭では触れることの少ない遊びを教えていただく機会を設けています。

歌の会

園児たちが童謡やわらべ歌を覚えて高齢者の方々と一緒に歌ったり、運動会で披露した民舞(ソーラン節)を見ていただき、交流を図っています。

新年交流会

「あいぷら」の新年交流会に園児たちも参加し、皿回しや獅子舞など、日本の伝統芸能に触れる時間を持っています。

YMCAについて