採用情報

トップページ > 採用情報

愛する、向き合う、いっしょに育つ。東京YMCA保育事業案内

YMCAの保育事業は

  • 情熱のある人に、
    やりがいのある現場です

    江東YMCA幼稚園
    駿河 幸子 園長

    YMCAの保育は、子どもが主体です。子どもたちがありのままの自分を出せるように、先生たちは子どもの気持ちや行動を尊重して受けとめる。だから、子どもたちの素直な「やりたい!」という意欲や興味に合わせて、柔軟にプログラムを変えることもよくあります。それは保育者にとっても、主体性が活かせる風土だと言えます。子どもたちの気持ちを受けて、先生たちが新しいことにチャレンジしたり、工夫をしたいという姿勢を大切にしていますので、実現できるよう周りの私たちがサポートします。
    真摯に子どもたちと向き合うことのできる人、保育の仕事に情熱を持っている人にとって、YMCAはとてもやりがいのある現場です。枠にとらわれずに、臨機応変に、柔軟に、子どもたちのために動くことに喜びを見出す、情熱に溢れた先輩たちがたくさんいます。
    YMCAは、子どもたち一人ひとりを大切にするように、働く私たちも、お互いに労わり合い、大切にされていると感じられる場所だと思います。信頼し、互いを補い合いながら、みんなで熱意を向けて保育に取り組める場所です。保育への情熱ある新しい仲間を、ぜひお待ちしています。

  • YMCAは、自分を成長させてくれる、
    大切な場所

    東京YMCA社会体育・保育専門学校
    実習主任 中谷 綾 先生

    YMCAのこども園に勤務して感じたのは、働く私たちも大切にしてくれる場所だと言うこと。勤務しながら保育士免許を取得することもサポートしてもらいましたし、業務で困難なことが起こっても、先輩や上司が支えてくれて、乗り越え成長することができました。信頼できる仲間に恵まれているのがYMCAの良さですね。
    保育専門学校の講師に抜擢された時は、正直驚きました。現場にずっといたいという思いもありましたが、いざ講師の立場になってみると、仕事に追われる現場ではなかなか振り返れない保育理論を見直すことができましたし、「もっと現場でいろいろな仕掛けができるな」と、いつか戻った時に活かしたい発見がたくさんありました。こうした経験ができるのも、現場と養成機関の両方を持っているYMCAならではの強みです。
    今、保育士を目指す学生たちにも、YMCAの見学をすすめています。私にとってYMCAは、保育士として、人として成長させてくれた、人生の中で大切な場所。保育の仕事に情熱ある人にとって、夢中になって働ける職場だと思います。

  • 多彩な活動分野で連携できる
    グループ力が魅力です

    東京YMCA 社会体育・保育専門学校
    教務部長 齊藤 希世

    東京YMCAでは、保育事業のほかにも、専門学校、インターナショナルスクール、野外教育センター、語学、チャリティー等、様々な事業や活動を展開しています。保育の各種プログラムでグループの職員や施設に協力をしてもらう際も、同じ東京YMCAグループとして、基本的な考えを共有できているので、安心して連携を図ることができます。
    グループの力を活かして、新しい保育のプログラムにチャレンジしていくことも可能な環境です。YMCAというステージを活用し、活躍してみたい方をお待ちしています!

東京YMCAが運営する保育事業

東京YMCAは以下の保育施設を運営しています。

幼稚園幼稚園
  • 江東YMCA幼稚園

    江東YMCA幼稚園
    (運営:学校法人東京YMCA学院)

保育園保育園
  • YMCAキャナルコート保育園

    YMCAキャナルコート保育園
    (運営:公益財団法人東京YMCA)

  • YMCAオリーブ保育園

    YMCAオリーブ保育園
    (運営:公益財団法人東京YMCA)

  • チャイルドケアセンター

    チャイルドケアセンター
    (運営:公益財団法人東京YMCA)

こども園こども園
  • しののめYMCAこども園

    しののめYMCAこども園
    (運営:学校法人東京YMCA学院)

  • 港区立芝浦アイランドこども園

    港区立芝浦アイランドこども園
    (運営:公益財団法人東京YMCA)

児童館こども児童館
  • 江東区東雲児童館

    江東区東雲児童館
    (運営:公益財団法人東京YMCA)

  • 港区芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ

    港区芝浦アイランド
    児童高齢者交流プラザ

    (運営:公益財団法人東京YMCA)

学童クラブ学童クラブ
  • 江東区東雲児童館学童クラブ

    江東区東雲児童館
    学童クラブ

    (運営:公益財団法人東京YMCA)

  • 江東区東雲第二学童クラブ

    江東区東雲第二学童クラブ
    (運営:公益財団法人東京YMCA)

  • 江東区東雲第三学童クラブ

    江東区東雲第三学童クラブ
    (運営:公益財団法人東京YMCA)

  • 港区立芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ学童クラブ

    港区立芝浦アイランド
    児童高齢者交流プラザ
    学童クラブ

    (運営:公益財団法人東京YMCA)

  • 港区芝浦学童クラブ

    港区芝浦学童クラブ
    (運営:公益財団法人東京YMCA)

採用説明会・見学会について

参加ご希望の方は、電話もしくはメールで、お名前と希望日時をご連絡ください。
*下記日程でご都合の悪い方は別途アレンジしますので、遠慮なくご相談ください。
*施設見学も随時承ります。お気軽にどうぞ
*2017年度中の途中採用ご希望の方は、下記日程によらず、個別にお問い合わせください。

  • 公益財団法人東京YMCA2018年度採用説明会

    *応募希望者は必ずご参加ください。
    *応募条件等は、上記「募集要項」でご確認ください。
    【日にち】 ①8月25日(金)、②9月9日(土)、③9月30日(土)、④10月14日(土)
    ⑤10月28日(土)、⑥11月18日(土)、⑦12月2日(土)、⑧12月16日(土)
    いずれも2017年度日程(2018年度採用)
    【時 間】 各回共10:00~、2時間程度
    【会 場】 東京YMCA東陽町センター
    江東区東陽2-2-20/東京メトロ東西線 東陽町駅西2番出口より徒歩約5分
    【内 容】 公益財団法人東京YMCA児童福祉職(保育正職員)の説明会です。
    *保育園、認定こども園(保育所型)、学童、児童館でのお仕事です。
    *施設見学を希望される場合は、お気軽に各施設に直接ご連絡ください。
    【申込み】 実施日の前日15時までに、下記事項をメールでお申込みください。
    ①参加希望日、②氏名(ふりがな)、③学校名等、④連絡先
    メール:saiyo@tokyoymca.org
    担当:人事労務部 小畑貴裕
  • 学校法人東京YMCAは、個別に日程アレンジしています。

    【会 場】 江東YMCA幼稚園、しののめYMCAこども園
    【内 容】 学校法人東京YMCA学院の保育正職員について
    幼稚園・認定こども園(幼保連携型)でのお仕事です。
    【問合せ】 しののめYMCAこども園
    電話:03-5547-5388  メール:s-kodomoen@tokyoymca.org
    お申込みはこちら

よくあるご質問について

東京YMCAへの採用に関するよくあるご質問は以下の通りです。

配属先はどうやって決まりますか?
配属先は、ご本人の希望や通勤を勘案して決定します。できる限りご希望の配属としますが、各園の事情や、欠員の状況で希望どおりにならない場合もあります。
異動はありますか?
毎年「自己申告書」を提出し、異動の希望などを申告していただきます。また、次のステップアップや東京YMCAの事情などにより、異動をお願いする場合がございます。その場合は必ず面接をしてご事情を伺い、充分に相談してから決定します。
子育てをしながらの勤務ができますか?
産前産後休暇・育児休業を取得して、子育てしながら働いている方がたくさんいます。特に「育児のための短時間勤務制度」は法定を上回り、小学校就学前まで取得することができます(公益財団法人のみ)。育児と仕事を両立し、ご自分の子育て経験も活かしながら、長く勤めていただけるよう配慮しています。
中途採用はありますか?
中途採用も、また年度途中での採用も、随時行っています。細かい内容は人事・労務部にお問い合わせください。
資格がなくても働くことはできますか?
非常勤職員として働くことができます。非常勤として働き、資格が取れ次第、面接試験を受けて正規職員になることができます。
休みは取れますか?
東京YMCAの年間休日数は120日です。これは、週休2日におおむね祝日をプラスした日数で、ほぼ全員の方が消化しています。有給休暇も勤務年数に応じて付与されるほか、慶弔規定による特別休暇など制度も完備しています。

研修制度

YMCAは、子どもたちの成長を大切にすると共に、YMCAで働く職員の成長も大切にしており、さまざまな研修機会を設けています。

①東京YMCA児童・保育事業全体研修会(春&秋)

全児童・保育事業職員を対象に年に2回の研修会を実施しています。
春の研修会では外部講師を招いて講義を聴き、分団協議を行なって理解を深めます。その後、日々の保育の中で実践を重ね、秋には各園による報告会を行なって共通理解を図ります。
講義で学んだ保育の原点を、保育現場で真剣に見つめていく中で、保育力も人間力も向上していくことができます。

【過去の研修例】
●大豆生田啓友氏(玉川大学教授) 「いま、求められる保育・教育の本質」
●今井和子氏(元立教女学院短期大学教授) 「遊びこそ豊かな学び~本当の生きる力を育てる」
●出原大氏(夢の鳥保育園園長) 「幼児期における自然との関わりの重要性」

ほかに、中村節子氏(浦和大学準教授)、川添孝夫氏(風の谷保育園園長)など、ご活躍中の専門家による講演を行なっています。


【保育アドバイザー 新澤誠治氏】

東京家政大学元教授の新澤誠治氏が、東京YMCA保育アドバイザーとして各種研修のアレンジや日ごろの相談役をしています。

新澤誠治氏の紹介ページはこちら

②新人研修

4月の入職前に、YMCAの保育方針を理解して、保育士としての心構えや社会人としてのマナーを学びます。東京YMCAの組織やチャイルドケア事業のあり方、また各園長や施設長による保育者の心得や、YMCAが大切にするキリスト教保育の理念と実践などについてお伝えし、目標とする保育士像を描きます。

③園内研修

各園内でテーマを設定して行う研修です。園により、臨床心理士を招いて講義を聴いたり、日々の保育の振り返りを行なったりと、保育の質の向上に努めています。お互いの意識を高め、共通理解を図る、貴重な機会です。

④全国YMCAチャイルドケア事業部研修

YMCAは全国100か所以上で保育・幼児教育事業を展開しています。同じYMCAで働くたくさんの保育職の仲間が、年に数回集まり、宿泊を伴う研修を実施しています。悩みを共有したり、他園の先駆的な事例を学んだりと、情報交換をします。(主任以上対象)

⑤子育て講演会

東京YMCAの会員有志と職員が企画して毎年、広く一般の方を対象に「子育て講演会」を開催しています。子育てに関わる多くの人がより楽しく子育てできるよう願って、企業等も協賛くださり、東京家政大学ナースリールームの井桁容子氏や、サッカー元日本代表監督の岡田武史氏など、さまざまな講師による講演会を行なっています。

詳細はこちら

お問い合わせ

東京YMCA人事労務部

03-3615-5562

03-3615-5608

saiyo@tokyoymca.org

お問い合わせフォーム