YMCAキャナルコート保育園の特色

YMCAキャナルコート保育園 > YMCAキャナルコート保育園の特色

キリスト教保育

食前の感謝、月1回の礼拝(幼児のみ)、クリスマス礼拝、イースターなど、キリスト教を基盤とした保育を行なっています。布教は目的としていませんが、神様から与えられたかけがえのない命に感謝し、その賜物を大切にする保育をしています。

園庭・公園

園舎の真ん中に、広くて日当たりのいい園庭があります。また近くには緑豊かな公園も多く、自然と触れ合いながら、毎日思いっきり遊ぶことができます。


ダイナミックな遊び

昨今、男性の保育士を採用しています。東京YMCA社会体育・保育専門学校を卒業した保育士たちは、幼児体育の指導経験が豊富で、遊びの巾も広がります。

裸足保育

暖かい時期には、園内でも園庭でも裸足で過ごします。足裏の感覚を育てることにより、自律神経系の働きが高まるなど、丈夫な身体を作ります。

野菜づくり

園庭にプランターを置き、キューリやなす、えんどうなどを育てています。マンションの多い街の中で、土に触れ、種をまき、育てていく体験は、子どもたちにとって貴重なものです。


給食

おやつも含め、栄養士の献立による手作り給食を実施しています。離乳食は、保育士と相談しながら個々の発達に合せて対応します。アレルギーのあるお子様には、医師の処方箋により除去食を提供いたしますのでご相談ください。

リトミック(月1回)

3~5歳児クラスは毎月1回、リトミックの時間があります。外部の専門家による指導で、歌やリズム体操、簡単な楽器演奏などを行い、音楽の楽しさを学びます。

地域との交流活動(学童クラブ/グランチャ東雲)

5歳児は年に数回、隣接する東雲第二学童クラブと交流の機会をもっています。学童クラブ児童には卒園児も多く、園児も小学生も楽しみにしています。 また、グランチャ東雲(江東区児童高齢者総合施設)の高齢者との交流活動も行っています。

英語教育(希望者のみ)

3~5歳の希望者は、YMCAの行なう英会話授業を優先的に受講いただけます。

YMCAについて